通勤中もできる顔ヨガで目元美人

   

ひんやりとした風を感じたら、それは肌の乾燥シーズンに入るサイン。もともと皮脂が少ない目まわりは、乾燥しやすいうえにハリが低下し、シワが定着しやすいという一筋縄ではいかない悩みを抱えています。そこで今の時期、目もとに出現するトラブルを先読みし、悩みにしっかりアプローチする方法を徹底リサーチしました。顔の中でもっとも強い印象を与える目もとは、年齢や疲れを隠すことの出来ないパーツです。今すぐ目もとの悩みをくい止めるケアを開始しましょう!

STEP1:自己流、付け焼刃のケアは危険? 基本のハウツーから見直して

二十代前半から三十代半ばの女性の肌データ分析によると、10月に入ったあたりから肌が敏感に傾いて特に目まわりの乾燥が進みやすく、ケアはしっかりしているのに効果がみられないという人が続出! その原因はズバリ! 自分の肌について誤解しているから。まず目まわりの肌は頬やおでこと異なる構造や特質をもち、それに合うケアを取り入れなければどんなにがんばっても空回りするだけなんです。大事なことは基本をしっかり把握して、丁寧にケアすること。次のことをしっかり念頭においてお手入れすると、イキイキした目もとを手に入れることが出来るはずです。

STEP2:目尻、下まぶたの悩みにブレーキを!

目まわりの皮膚は特別! 二十歳を過ぎると次のような特徴があらわれやすくなります。

 - ヨガインストラクターから, ヨガインストラクターへ, 中級者

  関連記事

関連記事はありませんでした